介護の仕事とやりがい

介護福祉士は、他のホームヘルパーなどと同じく、直接
利用者にサービスを提供すると共に、他のホームヘルパーの
リーダーやチーフとして役割を担うのが一般的です。
もちろん、直接利用者に食事や入浴のフォロー排泄等の
介護を行ったり、介護利用者の家族に対して介護の
指導を行ったりします。
具体的な仕事には下記のようなものがあります。

身辺介助


生活するための日常生活をサポートする仕事です。
食事をしたり、着替えたりといった日常的なことから
排泄や入浴などのサポート、体位変換や車いすでの
移動介助など身の回りのお世話といって思いつくのが
この身辺介助です。

健康管理

サービス利用者は何らかの病気を患っていたり、高齢で
あったりするため、日常的な健康管理が必要になります。
介助の才に顔色や体調を確かめ、体温を測ったり
食事や排泄で異常が無いかなど確認を行います。

家事援助

介護の中でも重要な家事に関する援助です。
掃除や洗濯、買い物や食事の準備などがあげられます。
在宅介護ではかなりおウェイトをしめます。

社会活動援助

いわゆる外出の介助です。車いすによる散歩なども含まれます。
人と交わる機会を増やし社会的な営みを行えるようにするのが
目的です。電話や手紙の代行なども含まれます。

介護計画

外に出ているイメージの強い介護福祉士ですが、仲間や他の
介護員などとの連絡や業務の記録を行う事も必要です。
また、会議などを行うのも必要な業務です。

現場で働く、サービスを受ける相手の顔が見える技術者と
しての役割と管理者としての責任も介護福祉士の
やりがいの一つです。

介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで

Copyright (C) 2008 介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで. All Rights Reserved.