訪問型サービス機関

一般的なホームヘルパーが従事することが多いのが
在宅での利用者にサービスを提供する仕事です。

サービスの内容は他の介護同様に身体介護と家事援助の
2種類が中心です。
調理などはただ作るだけでなく、利用者の体調なども考慮し
必要なものを提供するのも大事な仕事です。

訪問型のヘルパーは特別養護老人ホームやデイサービスセンターなど
に所属したり、ホームヘルパーの派遣会社に登録して
常勤職か派遣登録として各利用者のもとへ派遣されることになります。

訪問型のサービスには滞在型と24時間巡回型があり、
現在ではほとんどが夜間サービスが受けられない滞在型ではなく
24時間巡回型が一般的になっています。

24時間型は利用者につき15分から30分程度の短い時間で
サービスを提供してまわり、夜間も家を訪問しておむつの交換や
体位交換などの身体介助を行ったりします。

介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで

Copyright (C) 2008 介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで. All Rights Reserved.