介護福祉士の勤務時間

介護は通常の会社での勤務などと違い、利用者が24時間の介護を
必要とするひともいるため、職場によっては9時から5時まで
出勤する形態をとっていたいところもあります。

デイサービスなどで時間が日中に限られるところもありますが、
24時間体制で働く施設もあります。

そのような施設の場合、勤務時間を3〜4種類に分類していて
9時から5時まで働く日勤とその前と後に時間をずらした早出と
遅出があり、夕方から翌朝まで勤務する夜勤があるところが一般的です。

日中は忙しくても夜間は基本的に利用者は睡眠中のため、少ない人数で
2〜3時間の仮眠を取りながら働く事になります。

夜勤は通常の勤務に比べて時間が長く、1回の出勤で2日分の出勤とされます。
通常夜勤は月に3回程度、全ての人が夜勤を行っているわけでは
ありません。

夜勤は体力勝負なところもあって、全体の1割程度の人が行って
いるそうです。

変則的な勤務であっても、1週間あたりでみると仕事の時間は
会社員とほとんど一緒になります。
大抵1週間当たりでは40〜50時間程度の勤務時間になります。

人によっては、不規則な分、日中に時間がとれて用事をすませたり
レジャーに時間を割いたり出来る分、会社勤めやパートなどよりいいと
言います。

介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで

Copyright (C) 2008 介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで. All Rights Reserved.