高齢者のための施設

高齢者向けの施設には、大きくわけて3つあります。
入所施設と通所施設と在宅介護です。

入所施設

入所施設とは、高齢者が入所してそこで生活するもので、
さらに3つの形態があります。

特別養護老人ホーム(指定介護老人福祉施設)
寝たきりになったり、老人性痴呆症などで自力で日常生活を
行うのが困難な人が入所して暮らす施設です。
入所は原則として65才以上で常時介護の必要な人には24時間交代で
介護する施設で、介護福祉士は食事や入浴、排泄などの身体介助を
行いレクリエーション指導なども行います。
24時間介護のため、主に4交代制の時間変則勤務を行うため
比較的体力のいる仕事場です。

養護老人ホーム
介護保険制度では施設サービスに入らないとされているため
介護のいる人の入所は難しい状態になっています。
現在では経済的に生活が困難な人や同居する親族いない人が
主に入所する施設になっています。
そのため、介護福祉士は直接介護をおこなう事は少なく、
相談員としての役割が強くなる施設です。

老人短期入所施設
短期間の入所を行うための施設で、家族が旅行などで出かけて
介護を行う人がいなくなる時などに入所するもので、
特別養護老人ホームや養護老人ホームでショートステイとして
受けつけています。
また、一部ではショートステイ専門の施設もいくつか存在して
います。

通所型の施設

外出がすくなくなりがちな高齢者の交流の場を提供する施設で
おもに3つ存在します。

老人デイサービスセンター(老人日帰り介護施設)
生活指導や日常動作訓練などをおこなったり、利用者の送迎や
入浴や給食のサービスを提供したりします。
送迎などは、専門の職員が行うところも多く、体を動かす
レクリエーションを行ったり、訪問介護を行う事も多く
比較的動くことの多い施設です。
勤務時間は日中に限られます。

老人福祉センター
60才以上の高齢者向けに無料もしくは低料金で相談にのるための
施設で、直接介護は基本的におこないません。
主に相談員として働く施設です。

高齢者生活福祉センター
主に過疎地などの入所や通所、訪問介護サービスを複合的に行う
小さい施設で他の施設のほぼ全てを受け持つものです。

在宅介護

ほぼ自立している高齢者を対象に、一人暮らしなどの
不安を解消するための施設です。

軽費老人ホーム・ケアハウス
無料または低料金で利用できるアパートのような施設で
生活にかかる費用は自身で負担します。
食事については提供を受けるタイプと自炊するタイプが
あります。
また、介護福祉士やヘルパーの支援を前提とするタイプでは
ケアハウスがあります。

有料老人ホーム
老人マンションなどとも呼ばれるもので、入所する人が
全ての費用を負担します。
食事や日常生活の支援なども自由に選択でき入所時に
生涯利用料金を一括で支払うところが一般的です。
利用者は完全に自立している人から要介護者まで
様々です。

シルバーハウジング
60才以上の高齢者もしくは、夫婦のうちのどちらかが
60才以上の場合に利用するもので、日常生活の支援や
相談に乗る程度です。

グループホーム
痴呆の高齢者や障害者が少人数で介護を受けながら
暮らす施設で、他の施設とちがい介護者が一緒に
家で生活するといった形態を取ります。
介護者が利用者に対してより親身に接することで
痴呆が治るケースもあり、注目を集めています。

介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで

Copyright (C) 2008 介護福祉士の資格 仕事から求人情報まで. All Rights Reserved.